失った歯は、二度と戻らないという教訓

歯のメンテナンス

昔は、歯がとても良い方でした。しかし社会人になってから歯のメンテナンスや歯磨きを怠ったために、大掛かりな治療が必要になります。最初、歯が少し痛いなと思ったくらいでした。それでもしばらくすると収まるのでそのまま放置して二年が過ぎます。歯が痛いのも、肩凝りからかなと思っていたのですがある時急に、歯が欠けてしまったのです。数日後に歯医者に行こうと思って、行った時にお休みの日でした。何度かしばらくたってから行くのですが、お休みで自分の仕事の休みの時とどうやら歯医者のお休みが重なるらしくここでまた、半年くらい過ぎたためにさすがにかなり欠けた歯が痛くやっと歯医者で見てもらった時には、ボロボロの歯だったらしくかなり歯医者さんからお説教をされました。本当にひどい歯になっていて、歯茎も全体が腫れていたらしくとにかく腫れたままだと治療が出来ないとのことで、腫れを抑える薬を塗ってもらって処方して頂き帰ったわけです。

虫歯に侵された

結局その欠けた歯は神経まで、虫歯に侵されていて神経まで殺すことに。全体の歯もほとんど虫歯で、ずいぶんと削られてダミーの歯をつけられました。治療にもとても痛い思いをしたのと、治療期間が半年以上かかったのでかなり自分の行動を反省しました。一度失った歯は、戻らない。残った歯を大切にしていきたいと思っています。細菌感染は肌に入れるヒアルロン酸製剤そのものの管理不良だったり、使う注射器の消毒徹底されてないことなどが原因で、もしも細菌感染したらはれなどが起きるケースがあります。そしてヒアルロン酸注射したら製剤皮下組織化起こしたりします。

虫歯治療のための準備

そして肌に臨まないぼこぼこなどができることが当て、ほうれい線消すつもりがかえって逆効果になります。また皮下組織化起きなくてもヒアルロン酸注射繰り返して、肌に注射針穴跡残って肌たるむケースがあります。そして、ヒアルロン酸はアレルギーリスク少ないといいましたが、外から注入してアレルギー絶対に起きないと断定できるのではないです。数か所分け注入で肌に内出血起きるケースがあります。即効性ありますが、次第にヒアルロン酸体内吸収されて、効果2~3か月しか持たないです。持続のため定期的な注射必要です。そして、怖いと感じられるのは未熟な施術者による注射はリスク、デメリットで、ヒアルロン酸注射は決まった用い方がなく注入量など施術者の判断にゆだねられます。そしてほうれい線の長さ、太さに個人差があって人により注入量、注入回数施術者の知識で決めたりします。そのため未熟な施術者は適切な判断できなくて満足度低い仕上げになったりします。

PR|根管治療で人気の京都の歯科医院は

クリニックラボクリニックの教科書病院ネット医療ナビ医療ラボ健康ナビクリニック集客ノウハウ病院ナビ病院ラボ病院の教科書クリニックナビ